深刻になりつつある「実家依存症の妻」の症状

最近の実家依存症の妻は、実家での同居を選択するケースが増えてきています。出産後は母親の助けを借りて育児をし、やがて炊事・掃除・洗濯などの家事一般についても母親の力を全面的に借りるようになる妻が少なくないのです。

夫婦にさまざまな問題が起こったときに頼りにするのは、パートナーである夫です。結婚したら妻は実家を避難場所にせず、親から自立して夫と向き合い、 しっかりした絆を結ぶべきです。
そのためには、妻は実家とは別の家庭を夫と作っていると自覚すること。また、もし夫が妻の実家との同居を決める際には、婿養子になるくらいの覚悟をしておきましょう。

詳しくは「All about News dig」で http://allabout.co.jp/newsdig/w/93334

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る