再婚禁止期間に違憲判決

2015年12月、「離婚した女性は6ヵ月間再婚できない」と定めた民法の規定が憲法違反かどうかを争った訴訟で、最高裁大法廷は、再婚禁止期間の規定の うち「100日を超える部分については『違憲』とする」という初の判断を示しました。

この判決を受けて国は、明治時代から続いてきた規定の見直しを迫られ ることになります。

詳しくは「All About News dig」からどうぞ↓

http://allabout.co.jp/newsdig/w/92617

98414033164a6e1dcdedaef63f319b43_s

関連記事

ページ上部へ戻る